TOEIC短期点数上げへの取組み

博多英語教習では2008年以来「TOEIC短期点数あげコース」を提供しており人気のコースとなっております。

「TOEIC短期点数あげコース」では、

単語も結構勉強していたのに? 基本文法も理解しいるのに?
なぜ点数が上がらないんだろう? と思い悩む受講者様のために
速読速解、場面状況の瞬時の理解などのアドバイスと練習を行い短期点数を数ヵ月で
実現しています。
今回あえて特筆してご案内したいのは上記の条件に当てはまらない方々の場合です。

博多英語教習では下記に説明している受講者の方々の点数上げには半年から1年程度の時間を必要とします。(無料体験レッスン時にもその旨を受講者様にお伝えしております。)

点数上げが早く行えない人の特徴
★中学の文法を何度説明してもどうしても覚えられない。文が作れない
★心理的にも物理的にもどうしても単語が覚えられない
★人前で間違えることを極度に嫌う。よって発言をされない すごくシャイな人
★推測力が大きく欠如されている方。推測することを怖がる方
★単語を声をだして書きなぐるなどの労力を惜しむ方 いつも怠ける方 いつも誘惑に負ける方
★結局、自分の解き方等に固執してまったく聞く耳を持たない方
★粘り強い復習をされない方。復習をせずにすぐに新しい問題をしたがる方
★会社からの強いプレッシャーを受け精神的にモチベーションが下がっている方
★意味無視・文法絶対主義の講師から学んだ方
★上記の事実を認識されない方

なぜ点数が上げにくいのか、その理由を説明いたします。

☆中学の文法を何度説明してもどうしても覚えられない。文が作れない
☆心理的にも物理的にもどうしても単語が覚えられない
 中学の時に完全に英語でつまづいた方で、御自分の意志ではなく、会社の昇進の為に
 TOEICを受ける方、かつ英語が嫌いな方は、なかなか初歩の文法が覚えれません。
 博多英語教習では、時間をかけて丁寧に be動詞 普通動詞 から教えていき英語学習
 の苦痛を和らげます。

☆人前で間違えることを極度に嫌う。よって発言をされない すごくシャイな人
 リスニングのスコアはシャドウィング・リプロなどの発声により音認識をあげることで点数上げに
 結びつけることが出来ます
 博多英語教習にはグループレッスンのクラスはなく、マンツーマンレッスンのみしかございませんので、
 他のクラスメートに気兼ねせずにシャドーイング等の練習ができます

☆推測力が大きく欠如されている方。推測することを怖がる方
 TOEICのテストでは英文を聴いた(読んだ)瞬間に瞬時に状況把握をすることが必要です。
 この部分が苦手だとはやく目標点数を達成させることが難しくなります。
 博多英語教習では丁寧に問題の状況を説明して、似た問題が出題されたときに正答できるように
 指導します。

☆単語を声をだして書きなぐるなどの労力を惜しむ方 いつも怠ける方 いつも誘惑に負ける方
 単語を覚えない人達の共通の単語の覚え方は「ただ単語を眺めるだけです」
 博多英語教習では、単語をなかなか覚えれない方には、辛抱強く喋って書いて覚えることを
 お勧めしています

☆結局、自分の解き方等に固執してまったく聞く耳を持たない方
 短期点数あげのクラスで登録していただいたのに、御自分の解き方をなかなか改良できず、
 解き方を変えない方がいらっしゃいます。
 博多英語教習では点数がその方法では変わらないことを納得していただいた後、
 少しづつ速読・速解の解き方を取得していただきます。

☆粘り強い復習をされない方。復習をせずにすぐに新しい問題をしたがる方
 TOEICの問題にはパターンが有り傾向があります。
 問題を解きまくってやり直しをせず、また同じ様な問題にひっかかる方が多いです。
 博多英語教習では予習よりも復習重視です。特に語彙に関しましてはしっかりと覚えていただきます。

☆会社からの強いプレッシャーを受け精神的にモチベーションが下がっている方
 昇進の為に所属されている会社から、強いプレッシャーを受けている方は、
 なかなか単語などが頭に入らない方で覚えられない方が多いです。
 モチベーション上げに協力いたしますが、上司からの強いプレッシャーがかかる前に、
 是非、博多英語教習にお越しいただければと思います。

☆意味無視・文法絶対主義の講師から学んだ方
 問題の意味や状況無視で文法のみだけでTOEICを教える講師はかなりいます。 
 これでは少しの点数上げはできますが大幅な点数上げはできません。 
 たとえばTOEICが300~400点程度の人が500点近くまで点数をあげることが出来ると
 おもいますが、大きく解き方を変えないと800点以上を目指すことは不可能です。

 意味無視・文法絶対主義の講師は「賢すぎる講師」が多いです。
 説明をするときに受講者は問題の意味は分かったものを前提として説明をしています。
 ある意味文法用語でしか説明できない「説明下手な講師」ともいえます。
 このような講師から、英語が苦手で嫌いな方がTOEICを学ぶと
 問題を解くとき意味を考えることを止めてしまいます。

 聞いてて(読んでて)意味をとろらずに解答使用とすることの例としましては、
「PART2で質問がWHYで始まったときにYESのアンサーは無い」
 というような教え方をされているので最初から意味を考えずに
 YESではない答えを選ぶというような解き方のことです。
 上記の悪い癖がいったん身についてしましますと、なかなかその癖が短期でとれなくなりますので
 要注意です

☆上記の事実を認識されない方
 上記の早く点数上げができない理由を読んでいただいて、短期点数上げを困難にするものの
 代表的な要因がお分かりになられたと思います。 
 これらの要因をなんとか改善できれば、短期点数上げの達成速度が速まります。
 博多英語教習で以上の困難な要因をなんとか改善され半年や一年近くかけ点数を上げた方は
 沢山いらっしゃいます。この事実を認識されない方の点数上げはかなり難しいものになります。