ネィティブスピーカーから学ぶ

ネィティブスピーカー(英語を話す外国人)は珍しいですか? 話すこと 一緒に時間を過ごすこと! だけで満足していませんか? 

 英会話に通う生徒さんは、この外国人と会話するというより遊ぶ、同じ空気を吸うということで満足していましたが、最近ビジネスとして通用しなくなくなっています。 
 
ではどういうふうにネィティブスピーカーから英語を学べばいいのでしょうか?

レベルによって学び方は違ってきます。
①目安としてだいたいTOEIC700以下
ネィティブより文法や言い回しを習っていくのは難しいです。(600以下の人は聞くこともままならないはずです。)
 期待できるのは自然な聞き覚えですが、受講者の皆さんが幼児で無い場合は、同時に文法等を鍛えていく必要があります。これは書く文法ではなく。喋る為の早い文法の処理のことです。(聞き覚えだけでは、すでに幼児と比べて脳が古すぎ?ますし、一般に2000時間とも言われる体験時間もたりません。 よって文法から(理論)も勉強する必要があります。)

個人的に優秀な日本人バイリンガル講師から文法や言い回しを実際学ばれることをお勧めいたします。(しかしその日本人講師は優秀でなければなりません!)

ではこの時期にネィティブスピーカーが全く必要ないのかというと、全くそうとは言えません。
大半の日本人の方が緊張されますし、間違ってるかもしれないからしゃべらないという強いコンプレックスをもっていますし、外国人を見慣れない日本人にとっては、しゃべりなれて自信をつけるのも一つの手です。
 この場合のスクールの選び方はできるだけ自分が話す時間を多く与えてくれるスクールがよいでしょう。(ネィティブ見学体験でおわらせないように 文法は自分で勉強するか優秀な日本人講師に学ぶか?)

②TOEIC700以上の実力のお持ちの方は、ネィティブから学べる英語力をほとんどの人がもっています。(ただしTOEICが必ずしも会話力を正確にだすテストではないので700以上の実力が絶対正しいかは注意。)すなわち英語で質問する能力があります。 (精神的にしゃべれない方は除く)
会話に関してはここまでのレベルがあれば、ご自分からネィティブスピーカーへの積極的な質問によりいろいろな知識を吸収できます。 

最後に博多英語教習では、以前はネィティブの講師も在籍しておりましたが、TOEICクラス等での文法の説明が、
受講者の方が理解できないという事がありまして現在は在籍しておりません。現在ネィティブスピーカーのクラスをご希望の方は提携先の英会話スクールを紹介しておりますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。