2ヶ月でTOEICを600点から800点へ

2ヶ月でTOEICを600点から800点にする!

博多英語教習では点数の低い方の短期点数上げだけではなく。
少し英語を勉強されてTOEIC600点程度取られた方を
800点越え 900点越えのお手伝いもしております。
実は600点台のスコアをお持ちの方を800点超えさせることは
そんなに難しくありません。

TOEIC600点台お持ちの方の特徴
(ここでは何回もTOEIC受験していつもは500点そこそこなのに瞬間的に
600点超えした人は除外させていただきます)
TOEIC600点超えした方は既にある程度の語彙があります。
スコアに関して、一般的に多いのはリスニングが350点程度でリーディング
は250点くらいの方達です。逆にリーディングの方が高い方は稀である。
(ちなみにリーディングの方が高い人は英会話をあまりやっていない読み書き
中心の勉強をしてきた人達が多い)

600点から800点へ点数の上げ方
(博多英語教習は

★リーディング中心で600点の点数をお持ちの方はリスニングの音認識が
必要です。 会話テキストのシャドーイングやリプロダクションを繰り返し、
練習することが必要です。
それが済めば、今度はPart3 Part4の練習になります。
最初の3文を聞いて場面が推測できるようになれば、次に出題された問題を
場面的に覚えていき、応用力を高めます。TOEIC会話・長文リスニング問題は
最近ストーリーが高く話が凝っていますので、その話についていけるように
話ごとおおまかに覚えておくことが必要です。
TOEICはビジネス英語ですので、ビジネスネタの話しだと、ストーリーが
どうしても類似してきますので、問題の流れを覚えることで英会話の理解が
容易になります。 TOEICには推測力が求められます。
(これはPart7でも同様です)

★600点の方はある程度の語彙はありますが、ただキーワード的なものがまだ
完璧ではありません。 例えば
recognize 「認識する」で学校で習いますが「表彰する」で覚えておけば
リスニングの時に場面が容易に想像できます。重要単語はレベルによって
沢山あります。 

★中学の文法を理解して、ある程度語彙もあり英文の理解があっても、
英語の処理が遅いとTOEIC(実用英語)の速さについていけません。
博多英語教習ではSV(O)で長い文を要点だけ早く読んでいく練習を
します。これができるようになると、200問まで解くことが可能になり
ます。

★とにかく、TOEICでは推測力が問われます。書いてない事が出題され
解答者に推測させることを好みます。
博多英語教習ではこの推測力を素早く出せるように練習をします。

以上簡単に説明しましたが、600点台の点数をお持ちで800点や900点
超えを体験したい方は是非博多英語教習の体験レッスンにお越しください

博多英語教習体験レッスン