公式問題集のお勧めの使い方

博多英語教習では点数上げ初期には公式問題集を使用しています

写真は2018年10月10日発売予定の公式 TOEIC Listening & Reading
問題集 4です。さっそく予約してきました。

公式問題集はTOEIC作成しているETSという機関が出版している問題集
です。TOEICテストと出題傾向が同じであり、関連している語彙が
拾いやすいです。 よって博多英語教習でも、最初に公式問題集を
やっていただくことが多いです

しかし、博多英語教習の体験レッスンに来られる方で間違った使い方
をされてる方がたくさんいらっしゃいます。
(本来ご自分で学習されているので、どう使おうと問題ないのですが)
ある意味もったいない使い方をされている方がいらっしゃいます。

それは「苦手な所だけを時間も計らずにやる」方法です。
この使い方をしてしまいますと、公式テスト本番の練習ができなくなって
しまいます。

ほとんどのTOEIC受験者の方々がペース配分で苦戦しているのですが、
その日の気分でゆっくりと問題を少しづつとくことで模擬テストとして
使用できなくなります。
せっかくのTOEIC公式テストとそっくりの問題を手に入れたにも関わらず、
ペース配分の練習ができなくなります。

博多英語教習では必ず公式問題集をやる場合は一度にやっていただくように
お願いしてします。 それでペースの取り方を修正して本番に向けて
練習します。

実は
大学・専門学校・予備校のTOEIC講師で自分の教えやすいパートを
「虫食い状態」で教える講師の方が沢山いらっしゃいます。
最近学生の受講者が多いので、その教え方で習った方を教えるときに
なかなか教えにくくて大変です。

絶対に公式問題集は最初にテスト形式で使用されることを強く
お勧めいたします。